ビットコインとは何か

ビットコインと呼ばれているものは、インターネットで流通している仮想通貨のことです。
電子マネーとも呼ばれることがあり、単位はBTCとなります。
この仮想通貨の特徴は中央銀行が存在しないということです。
このため、コインを使うことで銀行などの仲介者を経ることなくピア・ツー・ピア決済ができるために、手数料が発生しないなどのメリットがあります。
ビットコインをはじめて提唱したのはサトシ・ナカモトという人物です。
ただし、これが本名なのか、日本人なのか、といったことは分かっていません。
コインの入手はマイニングと呼ばれる方法で行います。
ユーザーが非常に難解な問題をコンピューターを使って解析し、その解析に対する報酬としてコインが与えられます。
コインの流通量の上限は2100万BTCまでと決まっていて、それ以上は創出することは出来ませんが、現在はまだまだ余裕があるので供給が不足してインフレ状態になるという心配はいりません。
ビットコインは最初はごく一部の愛好者たちだけの間で流通していましたが、国家が財政危機になっても口座凍結の心配がないといった特徴から徐々に利用者が増えていき、現在では非常にメジャーな仮想通貨となりました。
しかし、メジャーな存在となったことからいくつか問題も出てきています。
1つはコイン自体が投機目的に買われるようになり価値が乱高下してしまうこと、そして、マフィアなどのマネーロンダリングの手段として使われるようになったことです。