未来の電力のあり方を考える第二電力

原子力発電所が稼働しなくなった今の日本で、これから先も火力発電に頼り続けてよいのだろうか、ということは、誰もが心のどこかで考えているのではないかと思います。
台風被害がひどくなるにつれて、地球温暖化について身近なこととして考えることが増えてきました。
地球温暖化の最大の原因は二酸化炭素の排出量が増えることで、それによって気温が上昇して台風が生まれやすい状況になっているということは、テレビの気象情報などを見ていればよくわかります。
その二酸化炭素の排出量が日本で増えていることも、ニュースでよく取り上げています。
このままでは日本の未来の電力は成り立たない、と思えたら、第二電力の取り組みはとても素晴らしいことだと思えてきます。
太陽光発電を手掛けるこの会社は、実際にはなかなか増えない太陽光発電システムをより取り付けやすくするための斬新なアイデアを、事業の軸にしています。
屋根を貸す、借りるという発想を生み出した第二電力の取り組みは、これからの日本のエネルギー事情を変えてくれるのではないでしょうか。