胃を休ませてあげることも重要です

日本人は胃痛の多い民族だといいます。
それは、欧米人と比べて体が小さく、少ししか食べられないということもあるでしょうが、真面目過ぎる性格にもよるようです。
風邪のウイルスやヘリコバクター・ピロリ菌のような細菌によっても引き起こされますが、胃痛の大きな原因はストレスです。
ストレスは交感神経を高ぶらせるため、胃の筋肉が緊張し思ったように動かなくなってしまいます。
悪いことに、ストレスを感じていると血流も悪くなるため、上手く消化できなくなってしまうのです。
このような状態になると、どんなに健康な人でも消化不良に陥ってしまいます。
胃がキリキリ痛む、げっぷがよく出る、むかむかした感じが続く場合、ストレスの影響を受けていることが考えられます。
このような時は、まず病院に行って胃に異常がないか調べてもらいましょう。
たかが胃痛と侮ってはいけません。
胃炎になってしまう可能性もありますし、さらに進行すると胃潰瘍などになってしまう心配もあります。
そのようになってからでは、元に戻すためには相当な努力が必要になります。
そうならないためには、日頃のケアも必要です。
毎日飲めて胃を強くでき胃薬もありますから、そのような胃薬を活用してはいかがでしょうか。