タイムにこだわる競馬予想

競馬の予想を行うファクターは非常にたくさんありますが、タイム理論を駆使して馬券の的中率を高めるという方法もあります。
ただし、タイムについて重視するポイントが個々でバラバラで、競馬雑誌や新聞紙上で独自のタイム理論を持って予想をしている評論家の方でもレース予想の見解が分かれることが多いのです。
例えば上がり3ハロンのタイムを重視する考え方です。
この考え方については、競走馬の本当の能力というのは各レースの勝負どころでのタイムだというころが基本になっています。
ある程度前でレースを進めるセンスがあり、上がり3ハロンのタイムも毎回そこそこのタイムにまとめてくる馬は安定感があって馬連や3連複の軸にするには最適とも言えます。
また、後方からレースを進める差しタイプの馬で、毎回必ず鋭い末脚を繰り出す馬もいます。
こういった馬はスローペースになると脚を余して馬券圏内に来ないこともありますが、勝つときは胸のすくような差し切り勝ちをみせてくれたりもします。
言葉を話せない馬が、唯一自分の体調の良し悪しを人間に示してくれるものがタイムだという評論家もいます。
この理論も言われてみればその通りで、競馬予想にタイムは無視できないと思わせる理論です。
http://keiba-news.tv/KeibaNewsTv/category/予想(出馬表)&結果(動画)