交通事故の後遺障害に注意して適正な示談金を

交通事故はある日突然遭遇する可能性のある、どなたでも起こりうるリスクです。
事故に遭う多くの方が始めての不運な経験で、何から手をつけて良いのかわからないということがあります。
事故にあったらすぐに病院に行きますが、たとえその時すぐに異常が見つからなくても、時間が経ったあとに後遺障害が出てしまうことがありますので、経過をよく観察することが大切です。
事故で最も多い症状としてはむち打ちです。
これは頭が前後や左右に大きく振られることにより引き起こされる症状で治療にはかなりの期間がかかってしまうこともあるのです。
交通事故にあった時に、被害者となった方が、加害者の代理人である保険会社から示談の申し込みを受けることがあります。
この示談の際に提示されるのが示談金です。
注意すべきなのはこの示談金の契約書に簡単にサインしてしまわないということです。
事故直後はそれほど症状が重くなく、異常なしと思われていても、後に事故による後遺症が出てしまうこともあります。
示談書にサインをして示談金をもらってしまうと万が一後に後遺症が出たときに請求することができなくなってしまう可能性もあります。
専門機関に相談するなどして、提示された示談金が適正な金額かどうか確認するのが良いでしょう。
交通事故の示談金や慰謝料の相談|交通事故賠償金算定センター