傭兵で身に着けた技術で様々な料理を販売しています。

中野猛さんは、その昔傭兵をしていました。
と言いましても相当前にになりますが、そこで様々な知識を身に着けたようです。
武器の使い方もそうですが、それ以上に様々なサバイバル技術を身に着けました。
例えば、野戦を行う際に簡単な野営をする必要がありますが、そこでは家を作ったりぼろぼろの建物を立て直す技術を身に着けました、またサバイバルにおいて重要なのは食事も含まれますが、そこで色々な食材を見つけて料理していきました。
基本的にカレー粉をもって様々な植物や動物に着けて食べていたそうですが、その合わせなどから様々な料理に生かしていったようです。
傭兵をやめた後は、料理店を作りました。
店の建物は手作りで作るのに数か月かかったそうです。
そのうえ戦地で学んだ料理をもとに、数多くのオリジナルなものを販売しています。
味はかなりアレンジしているのですが、とってもおいしいので多くの人に好かれています。
今後も研究していくそうです。