育児休暇中、子どもたちのために掃除に目覚める

現在育休中の豊田雅孝さんは、奥様の産後の体の回復と、赤ちゃんのお世話に集中できるようにサポートしています。家事はなるべく豊田雅孝さんがやり、また上のお子さまの面倒もほとんど見ています。
想像以上の大変さで、毎日必死の豊田雅孝さん。
そんな彼は最近、掃除に目覚め始めました。

今まで、掃除をするといっても掃除機をかけるくらいでした。
しかし、小さい子どもが2人もいるのですから、家は常に綺麗にしておきたいものです。
そこで豊田雅孝さんは、掃除機に加えて床の水拭きをしたり、キッチンや洗面所、お風呂などの水廻りの掃除もするようになったのです。
今まで普通に生活していて、床がきれいだったり水廻りの排水口がきれいなことは当たり前のことでした。
しかし、きれいな環境のなかで当たり前に過ごせるということは、奥様が毎日欠かさず掃除をしてくれているからだと気づいたのです。

この育休中、普段の生活のなかで奥様に感謝すべきことにたくさん気づかされていますが、今回もまた、毎日頑張って家事をしてくれている奥様に「ありがとう」と伝えました。