日本の実業家

総合ディスカウントストア、ドン・キホーテの創業者でもあり、代表取締役兼最高責任者の安田隆夫
今では生活必需品だけでなく多種多様な品物を置き、無いものが無いと言われるまでになりました。
この多種多様な品揃えも、創業間もないころに深夜の陳列作業が営業中と勘違いされ、ナイトマーケットが始まり、坪単価の商品数を極限までに増やすところが今の形までに成長しました。
その他にも当企業が成長できた要因としては、経営原理である「顧客最優先主義」が大きく見受けられます。
この原理を追及するべく現場では自由な裁量権を与えられ、その時代や地域に合ったお客様のニーズを応えるべく破格の値段で提供できるシステムになっています。
小売業では主にチェーンストア理論に沿った経営をする所が大半を占めるのですが、安田隆夫はこの経営戦略だと現場で臨機応変な対応ができなくなることから顧客最優先主義にそぐわないと判断しアンチチェーンストアを掲げるようになりました。