食品容器は品質管理の徹底したものを使用すべき

最近の食品業界は衛生面での消費者の要求がかなり高くなっています。
異物混入をはじめ何か問題が起こると、たちまちSNSで拡散してしまう怖さがあり、食品業界に従事する人はかなり神経質になっているのではないでしょうか。
製造過程においては機械の部品が剥離することも問題ですが、ようやく衛生的に完璧な食品を製造しても、それを入れる容器に不具合があると重大事故につながります。
容器の不具合による食品の事故を失くすには、品質管理の徹底した会社の商品を使用することが条件です。
多数の容器製造会社のなかでもPETカップなどを製造しているアイケープラストの生産管理はとても厳しく、特に人が関わる工程に関しては、生産現場のクリーンルーム化を実現しています。
手洗いはもちろん、靴を洗う機械やエアシャワーも導入されています。
スタッフが着用する作業着、作業帽、マスクは帯電防止仕様という徹底ぶりです。
アイケープラストでは、このような異物混入対策に加えて金属探知機やピンホールチェッカー、CCDカメラなど各種測定器によって食品容器の品質が保持されています。